FRP工法協会
協会のご案内
工法紹介 追跡調査 認定制度 お問い合わせ
内面補修工法   本工法は、損傷した取付管を非開削により更生する工法です。
事前に円筒状の耐酸ガラス繊維織物に光(紫外線)硬化性樹脂(ビニルエステル)を工場含浸し、特殊空気脱泡後遮光フィルムで覆ったFRP取付管ライナー(BBG)が施工会社に届けられます。
施工者はFRP取付管ライナー(BBG)を専用施工機の収納ドラムに装着し、既設ますより取付管内に反転または押し込み挿入します。ライナー内部に圧縮空気を送って拡径させた状態で、光硬化装置(UVトレイン)をライナー内部に挿入し、先端部に装着したTVカメラでライナー内部の異常有無を確認後、UVランプを点灯させたUVトレインを本管部側よります側に所定速度でけん引し、ライナーを光硬化させ強固なFRP管を形成する工法です。
1) FRP取付管ライナーは、光(紫外線)照射による硬化工法のため、硬化が早く経済的で既設管きょ内で確実に硬化する。
2) 使用材料は、耐食性に優れたビニルエステル樹脂、耐酸性ガラス繊維を使用していて、
耐薬品性能および長期耐ストレインコロージョン性を有する。
3) 補強繊維織物は、既設取付管の曲がり部等に追従性の高い編み方でシワ等の発生が極めて少ない更生材です。
4) FRPライナーは、JSO認証取得している専用工場で厳格な品質管理の元製造され、品質が安定した更生材料です。
5) FRPの取付更生管は、本管更生管(50年対応)と同等以上の耐久性に優れた材料です。
6) 光硬化装置(UVトレイン)にTVカメラを装備していて、硬化前のライナーの異常の有無を確認できる。
7) UVトレインに温度センサーが装備されていて、硬化時の温度を自動計測して安全管理をすると共に、
記録計により施工硬化管理記録を自動プリントして硬化管理ができる。
8) 施工装置がコンパクトで作業帯が小さく施工できる。

1) 適用管種
陶管、鉄筋コンクリート管、塩ビ管(VU・VP)、FRP管、Z管、鋼管 等
2) 施工適用管径
  【本管部】
  ● 呼び径 φ100〜φ200 (φ250)
3) 更生(FRP取付管ライナー)材の種類・使用材料
  樹 脂 補強繊維 適 用
BBG ビニルエステル樹脂 (光硬化) 耐酸ガラス繊維 二層構造管・自立管

反転方法機材  
施工状況(公共ます)
  施工状況(宅内ます)

 (公財) 日本下水道新技術機構の技術審査取得
イ) 短期保証値 (自立管) N/mm2
  曲げ強度 曲げ弾性係数 摘要
保証値 試験値 保証値 試験値
BBG 60.0 130.0 3,000 6,130 JIS K 7171 (1994)
  試験結果:平成28年4月1日 (一財)高分子試験・評価センター試験結果
※東京都下水道局仕様は別途 ※湾曲試験体の保証値は、平板試験体の80%になります


 
曲げ試験 (BBG) JIS K 7171 1994

ロ) 長期試験値および長期設計保証値(申告値) N/mm2
  曲げ強度 曲げ弾性係数 摘要
申告値 試験値 申告値 試験値
BBG *12.6 19.9 *1,800 3,229 JIS K 7039
JIS K 7035
  試験結果:平成22年10月4,5日 (一財)高分子試験・評価センター試験結果より (JIS K 7039,7035)
※管きょ更生工法における設計・施工管理ガイドライン(案)より
  申告値:(曲げ強度)長期試験値より 19.0(工法規格値)÷1.5=12.6
  申告値:(曲げ弾性係数)長期試験値より 2,700(工法規格値)÷1.5=1,800

 
φ150-BBG-JIS K 7039
  φ150-BBG-JIS K 7035

ハ) 長期設計値 (応力度) … 長期申告値÷安全率1.5 = 長期設計値 N/mm2
  曲げ強度 曲げ弾性係数 適用
設計値 設計値
BBG 12.6 1,800 長期申告値 / 1.5
(12.0) (1,850) (東京都仕様)
  ( )設計値は、東京都下水道局の申告値

ニ) その他の物性値 (短期保証値) N/mm2
  強度 弾性係数 適用
引 張 18.0 2,500 JIS K 7161
圧 縮 60.0 2,000 JIS K 7181

ホ) 取付管ライナーの扁平負荷下における長期耐薬品性能 (ストレインコロージョン)
JIS K 7034試験(10,000時間)により、JSWAS K-2(強プラ管)に準拠した
長期ひずみ値を下回らないことを確認する。
  50年後のひずみ値
JSWAS K-2 0.392 %
FRP取付管ライナー 試験値 1.730 %
  試験結果:平成22年10月5日 (一財)高分子試験・評価センター試験結果

耐薬品性能試験 (JIS K 7034試験) 状況
ヘ) 耐薬品性試験 (JSWAS K-2) 自立管
FRP取付管ライナーは、JSWAS K-2「下水道用強化プラスチック複合管」と同等以上の耐薬品性を有する。
試験液の種類 質量変化率 ( % ) 規格値 JSWAS K-2 ( % )
水 (蒸留水) + 0.08 ± 0.30
塩化ナトリウム水溶液 (10%) + 0.06
硫酸 (30%) + 0.03
硝酸 (40%) + 0.22
水酸化ナトリウム水溶液 (40%) ± 0.00
  試験結果:平成29年1月27日 (一財)高分子試験・評価センター試験結果

耐薬品性試験 (JSWAS K-2) 状況

ト) 耐摩耗性能試験 (JIS A 1452 落砂法)
FRP取付管ライナーは、下水道用硬質塩化ビニルと同等以上の耐摩耗性を有する。
N/mm2
 
試験項目 摩耗質量 (mg) 平均値
塩ビ板 取付管ライナー (BBG)
摩耗試験 0.7 0.3
  試験結果:平成29年1月27日 (一財)高分子試験・評価センター試験結果

チ) 内・外水圧性能試験
FRP取付管ライナーは、内・外水圧0.10MPaに耐える更生管です。

リ) 耐洗浄圧性能試験
FRP取付管ライナーは、15MPaの高圧洗浄で剥離・破損が無い更生管です。

ヌ) 管きょの流下能力を損なわない
更生管の粗度係数は、下水道用塩ビ管と同等のため既設管流下能力を保持する。

1) 拡径圧力の確認試験
FRP取付管ライナー反転完了後、既設管に密着させるため、施工マニュアルの拡径圧力を5分以上保持後、UVトレインによる紫外線(光)硬化を開始する施工管理を検証する。
管 径 拡径圧力
φ150 0.020 〜 0.025 MPa
φ200 0.015 〜 0.020 MPa
  @ 曲り部における密着性を確認する。
・FRP取付管ライナー (BBG) - φ150 - 呼び厚さ 4.0mm (自立管仕様)
・拡径圧力 0.020 〜 0.022 MPa      拡径時間5分後


   
 曲り部 30°  曲り部 60°  曲り部 90°

上記曲り管部、30°〜 90°いずれも外部まで規定圧力で密着性は良好である。

2) 曲り管部の硬化後の検証 (厚み・シワ状況)
取付管は土被りが浅く、車道上の活荷重(トラック荷重)を受けるため、更生管外周部の厚みが所定の厚みを確保出来ているかの検証が重要である。
・FRP取付管ライナー (BBG) - φ150 - 呼び厚さ 4.0mm (自立管仕様)
厚み:3点の平均値 mm
曲 り 部 更生管の厚み シワの状況
内周部 外周部
 30° 7.8 4.8 良好 非常に少ない
 60° 7.5 5.5 良好 少ない
 90° 10.0 4.4 良好 やや多い


   
 曲り部 30°  曲り部 60°  曲り部 90°

上記曲り管部、30°〜 90°いずれも外周部は、呼び厚4.0mm以上を確保し安全である。

  更生材(FRP取付管ライナー)は、ISO 9001審査登録証を取得した工場で最終製品化されます。

イ) 材料の入荷検収
1.使用樹脂の確認 ロット番号 製造年月日 樹脂名(ビニルエステル)
2.耐酸ガラス織物 ロット番号 製造年月日 管径の確認 重量確認(g/m) 外観検収等
3.インナー・アウターフィルム 各管径・厚み検収

ロ) 測長、含浸、脱泡工程
1.裁断 オーダー長さに各1本毎に裁断する。
2.インナー・アウターフィルムの圧気テスト (インナー・アウター挿入後)
3.樹脂量の計測 粘性確認 含浸ローラー フィルム裁断ボビン接続
4.特殊真空脱泡機による脱泡

ハ) 外観検査 製品重量測定 梱包 出荷


   
粘度測定確認 真空脱泡装置(全長脱泡) 含浸材料の挿入


   
脱泡前の状態 脱泡後の状態  梱包・出荷

  安全施工パトロール


     
保安状況 指導員による
施工管理チェック
夜間 安全・施工パトロール

  FRP光硬化取付管ライニング工法では、昭和45〜50年にかけて全国の宅地造成地で家屋の排水管にゼットパイプ(Z管)が多量に布設され、現在約50年以上経過し、各地で管の老朽に伴い多くの障害(閉塞等)が発生して来ております。
造成地の家屋は、公道より埋め土されて高い地盤に建てられその周囲は石垣、ブロック・コンクリート擁壁等で囲まれおり、老朽化したゼットパイプ(Z管)を開削により再構築する事は困難をきわめていて、本工法では特殊拡径工の開発により非開削の更生工が可能となりました。

   
  宅造地の状況

事前処理工・TV調査工
現状のゼットパイプ(Z管)を更生工法により再構築する場合、事前のTVカメラ調査が必要(施工の可否、取付管の延長測定等)であるが、ゼットパイプ(Z管)の内面材が膨張し、多くの場合TVカメラ(取付管用)の挿入できない管が見られます。
   
  事前処理前のゼットパイプ (Z管)

@一次拡径工
特殊拡径工の開発により、膨張した内面を処理した後にTVカメラを挿入し、施工可否・取付管延長を計測し、FRPライナーを製造します。
 
前処理前
 
前処理後

A二次拡径工・FRP光硬化取付管ライニング工
ライニング工の直前に二次拡径工を実施後、通常のFRP光硬化取付管ライニング工法により、Z管内に強固なFRP取付管を構築します。
 
光硬化施工 (本管側)
 
施工後 (内面)
反転方法機材
施工機材

対応管径:φ100〜φ200 (φ250)
ライニング延長:1m〜10m (標準)
(最長25m実績)
ライニング厚さ
二層構造管φ150:3.0mm以上
二層構造管φ200:3.5mm以上
自立管φ150:4.0mm以上
自立管φ200:5.5mm以上

押し込み方法機材
押込み方法機材
UVランプ
TVカメラ付き光硬化装置
UVランプ ON/OFF
 
 
取付管内に
ライニング材を反転中
 
取付管口(光硬化中)

エスジーシー下水道センターへ