FRP工法協会
協会のご案内
工法紹介 追跡調査 認定制度 お問い合わせ
 
内面補修工法   地下に埋設された下水道管路内で発見された不良箇所に対して、不良箇所に最適な施工機を至近の既設マンホールより投入・移送することで、短時間で的確かつ効率的に部分補修を行います。
耐久性・耐薬品性能の高いビニルエステル樹脂(エポキシアクリレート)と耐薬品性能の高い耐酸性ガラス繊維および不織布を補強材とした熱硬化補修材を施工機に装着し、目的の不良箇所に移送します。補修箇所に到達した施工機によって管壁面に補修材を加圧密着させ、内蔵のヒーターで加熱硬化させることにより、高強度のFRP管を形成する工法です。

1) 補修する目的により、補修材を選択することができる。
標準(T・U・V)・更生管対応一体型
2) ビニルエステル樹脂・耐酸性ガラス繊維の使用により優れた耐食性を有する。
耐薬品性・耐ストレインコロージョン性を有する。
(JSWAS K−2、JIS K 7034)
3) 補修材は、日本下水道事業団の防食D種の品質規格適合材です。
4) 外水圧、内水圧に耐える強度を有する。(φ150〜φ1500)
外水圧0.08MPa、内水圧0.05MPaの耐水圧。
5) 耐高圧洗浄性は15MPaで剥離・破損が見られない。
6) 耐摩耗性能はJIS A 1452に準拠し、JSWAS K−1「下水道用硬質塩化ビニル管」と同等以上の耐摩耗性を有する。
7) 管きょの流下能力を損なわない。
補修材の粗度係数は、下水道用塩ビ管と同等のため既設管流下能力を保持する。
8) 補修材料は、本管更生(50年仕様)と同等以上の高強度で耐久性に優れた材料です。
9) 施工性に優れ経済的です。
施工装置はコンパクトで、1箇所あたりの施工時間が短く経済的です。

 (熱硬化・光硬化共通)
1) 適用管種
陶管、鉄筋コンクリート管、塩ビ管(VU・VP)、FRP管 等
2) 施工適用管径
 
【本管部】
● 呼び径 φ150〜φ700
補修幅 標準40cm (30・50cm)(熱・光)
● 呼び径 φ150〜φ400
補修幅 ロング100cm(熱)
φ200〜φ300
補修幅 ロング100cm(光)
● 呼び径 φ750〜φ1500
補修幅 標準40・60cm(熱)
【取付管接合部】 (一体型)
● 呼び径 φ150〜φ700
補修幅 標準40cm (本管部))(熱・光)
補修高さ 標準12cm (取付管部)
(取付管径 呼び径 φ100〜φ200)
3) 更生(補修)材の種類 (標準型)
  【本管部】
  標準I (補強・止水) ロービングクロス、不織布 (BFマット)
(仕上がり厚さ 2.5〜3.0mm)
  標準II (補強・止水 二層構造管)  ロービングクロス、ガラスマット (BMマット)
  標準III (自立管相当) ロービングクロス、ガラスマット (BMマット)


ソフトスリーブ
(光硬化)
 
補強耐酸ガラス繊維
(ロービングクロス)


BFマット
 
BMマット

  【取付管接合部】 (一体型)
  標準I (補強・止水) ロービングクロス、不織布 (BFマット)
(取付管部:伸縮性ガラスクロス、伸縮性不織布)
  標準II (補強・止水 二層構造管)  ロービングクロス、ガラスマット (BMマット)
  更生管対応型 ロービングクロス、ガラスマット (BMマット)
(仕上がり厚さ 2.5〜3.0mm)


一体型 (BF・BMマット、縫製加工)

 (公財) 日本下水道新技術機構の技術審査取得
1) 短期保証値 N/mm2
  曲げ強度 曲げ弾性係数 摘要
保証値 試験値
熱・光硬化平均
保証値 試験値
熱・光硬化平均
標準I 88.3 294 5,900 14,450 JIS K 7171
(1994)
標準II 125.0 296 8,000 16,950
標準III 125.0 296 8,000 16,950
  試験結果:平成29年1月27日 (一財)高分子試験・評価センター試験結果


 
曲げ試験 JIS K 7171 (1994)

2) 長期設計保証値(申告値) N/mm2
  長期曲げ強度* 長期曲げ弾性係数*
保証値 試験値 保証値 試験値
熱・光共通 熱硬化 光硬化 保持率・弾性係数
標準I
標準II 60.0 80.6 64.8 4,000 保持率 54.8%より
標準III ※(45.0) 80.6 64.8 ※(5,900) 弾性係数最小値より
  * 長期曲げ強度 JIS K 7039 平成22年10月5日(光硬化) / 平成24年8月6日 (熱硬化)
* 長期曲げ弾性係数 平成21年9月30日(光硬化) / 平成24年8月6日 (熱硬化)  (一財)高分子試験・評価センター試験結果より
※( )管きょ更生工法における設計・施工管理ガイドライン(案)より 申告値(設計値):長期試験値より(最小値)÷1.5より


曲げ試験-φ250(JIS K 7039)状況
 
曲げ試験-φ250(JIS K 7035)状況

3) その他の物性値 (短期保証値) N/mm2
  強 度 弾性係数 摘 要
引 張 60.0 5,900 JIS K 7161
圧 縮 40.0 3,000 JIS K 7181

4) 耐薬品性能の確認
補修(更生)材の耐薬品性は、JSWAS K-2「下水道用強化プラスチック複合管」の薬品浸せき試験の結果
規格値以内であることを確認した。(標準U・V)
試験液の種類 質量変化率 ( % ) 規格値 JSWAS K-2 ( % )
水 (蒸留水) + 0.08 ± 0.30
塩化ナトリウム水溶液 (10%) + 0.06
硫酸 (30%) + 0.03
硝酸 (40%) + 0.22
水酸化ナトリウム水溶液 (40%) ± 0.00
  試験結果:平成29年1月27日 (一財)高分子試験・評価センター試験結果


 
耐薬品性試験-熱硬化(JSWAS K-2)状況

5) 耐ストレインコロージョン性の確認
JIS K 7034(10,000時間)試験結果から求める50年後のひずみの外挿値が
JSWAS K-2に示される考え方に準拠したひずみ値を下回らないことを確認した。
  50年後のひずみ値
  熱硬化 光硬化
JSWAS K-2 0.481 % 0.412 %
試験結果 0.610 % 0.420 %
  試験結果:平成22年10月5日(光硬化)
試験結果:平成24年8月6日(熱硬化)
(一財)高分子試験・評価センター試験結果より

JIS K 7034試験状況

6) 耐摩耗性能の確認
補修(更生)材の耐摩耗性能は、JIS A 1452(落砂法)に準拠した試験により
硬質塩化ビニル材と同等以上の耐摩耗性を有することを確認している。

7) 耐高圧洗浄は、15MPaで剥離・破損が見られない事を確認している。

8) φ150〜φ1500において、施工箇所は外水圧0.08MPa、内水圧0.05MPaの耐水圧を有することを確認している。

本管補修機
本管可変施工機・ロング施工機
対応管径:φ150〜φ700 (φ700)
(ロング φ150〜φ400)
補修幅:40cm (ロング 100cm)


卵形補修機
卵形施工機

φ1500 補修機
φ1500 施工機
  φ250 本管段差補修    
 
 
施工前
 
施工後
  クラック    
 
 
施工前
 
施工後
  浸入水    
 
 
施工前
 
施工後
取付管内補修機
取付管一体型施工機
本管部対応管径:φ150〜φ700
本管部補修幅:40cm
取付管部対応管径:φ100〜φ200
取付管内補修高さ:標準12cm
 
 
施工前
 
施工後
取付管内補修機
ちび弾丸/熱硬化用
対応管径:φ100〜φ150
補修幅:20cm
  φ100 取付管内補修
 
 
施工前
 
施工後

エスジーシー下水道センターへ