FRP工法協会
協会のご案内
工法紹介 追跡調査 認定制度 お問い合わせ
 (公財) 日本下水道新技術機構の建設技術審査証明書取得

1) 更生材は、FRP内面補強工法で(公財)日本下水道新技術機構で技術審査証明を取得している材料(BF/BM)で、耐食性、耐久性に優れた高強度更生材です。
2) 更生材は、インバート部・取付管管口部が一度の施工で一体化するため、浸入水・木根の侵入が確実に防止できます。
3) 更生材は、日本下水道事業団の防食シートライニングD種の品質規格適合材です。
4) 自由なインバート形状に対応できる更生材・施工方法です。
5) 更生する目的に対応し、改築・修繕することができます。
6) 施工装置がコンパクトで施工でき、開削工事による騒音・振動・交通支障等が防止できます。
7) 既設ますにBM材使用で内面被覆された共存ますは、新品ますの強度以上が確保できます。

1) 適用ます内径
イ、熱硬化 内径 φ350、φ400、φ450、φ500
ロ、光硬化 内径 φ350
2) 更生材料
イ、使用樹脂 ビニルエステル樹脂
ロ、補強繊維材
●修繕(補修)目的
BFマット(ロービングクロス、不織布、伸縮性ガラスクロス、伸縮性不織布)
●改築(更新)目的
BMマット(ロービングクロス、ガラスマット、伸縮性ガラスクロス、伸縮性不織布)
3) 更生高さ
  イ、更生高さ 標準40cm (インバート、取付管口、側塊部 一体型)
ロ、東京都下水道局(中部下水道事務所管内)
  簡易提供型共同研究 仕様
  自立型共存汚水ます(50年耐用)
  汚水ます 内径50cm 深さ80cm L型ます・丸ます
  更生高さ 標準60cm (インバート、取付管口、側塊、縁塊部 一体型)


φ350補修機 (熱硬化用)
 
 
φ350補修機 (光硬化用)
 
 
東京都下水道局
(中部下水道事務所管内)
φ500補修機 (熱硬化用)

現場状況
 
施工状況
 


施工状況
 
インバート出来形
 
インバート出来形


エスジーシー下水道センターへ